内臓脂肪と脂肪肝の関係、そしてその先の恐怖とは

前回の内容内臓脂肪をこじらせてると脂肪肝に、その次にまっているのは!?①で、脂肪肝の基礎知識から原因について調べた結果をお知らせしました。

肝硬変や肝がんと聞くとやはり怖いです。自覚症状がほとんどないというのも困ったものですね。

しかし、深刻ではない状態の場合には生活習慣の改善で自己回復できるというのはありがたい情報でした。

今回は引き続き、治療方法について調査してみたいと思います。

脂肪肝の治療方法

食事療法

(望ましい食生活)

大切なのは食事の量と栄養バランス。脂肪肝になる人は、過食や偏食が多く見受けられます。まずはそれを正すことが重要なのです。食生活の欧米化も脂肪肝の原因と考えられます。まずは、自分の食事の適量と嗜好を知りましょう。

理想的な食事は、品数が多く、1品の分量は少量で、塩分控え目、油分は適度に使用している食事です。3色食品群と6つの基礎食品群を取り入れたメニューであれば、理想的な食事と言えます。こうして準備した食事を、ゆっくりよく噛んでいただきます。また、食後すぐに活動するのではなく、暫くの間休憩を取りましょう。

(お勧めの食品)

納豆・豆腐・きな粉などの大豆製品・ごま・くるみ・などは肝脂肪対策に有効な食品ですので、積極的に摂取しましょう。なかでもごまに含まれるセサミンは、アンチエイジングにも有効な成分で、老化の原因である活性酸素を攻撃し除去してくれます。

(避けるべき食品群)

脂肪肝対策の間は、バター・ラード・お菓子・お肉の脂身・ジュースなどの摂取は控えます。また、食事に使用する油分をオリーブオイルや大豆油などの植物原料の物に変えるなどの工夫も必要です。

(飲酒の習慣がある人は…)

適度な飲酒なら問題ありません。むしろ、飲酒によるストレス発散効果、リラックス効果などを考えると、健康に良いとさえ言われています。

しかし、これは適量の飲酒の場合。飲み過ぎてはいけません。

運動療法

日常生活に有酸素運動を取り入れます。こうする事で、肝臓内の脂肪減少効果が高まります。散歩・ジョギング・水泳など、日常生活に取り入れやすく継続しやすい運動を選択しましょう。

1日20~30分、可能であれば毎日運動を行います。もし、毎日が無理な場合でも、週最低3日~5日は運動をしましょう。

ただし、基礎疾患のある方・体調に不安のある方などは必ず専門家の指導を受けた上で運動療法を取り入れましょう。

(サプリメントの活用)

最近では、内臓脂肪に直接効果のある乳酸菌はじめ、燃焼効果・体内への脂肪吸収を抑えるサプリメントなど、様々なタイプのサプリメントが登場しています。これらを上手に活用して、脂肪肝の改善に役立てるのも方法の一つです。

しかし、この場合にも、基礎疾患・体調に不安のある方は専門家の指導を受けます。サプリメントといえども、体調や薬との相性に問題が発生する場合もありますので、人によっては十分な注意が必要なのです。

(お勧めのサプリメント)

■タウリン

このタウリンは、肝細胞の再生ほう助・細胞膜の安定・酵素を作り出す手助けを行ってくれる物質です。肝臓本来の働きを助けてくれます。

■オルニチン

体内に存在するアンモニアは有害物質で、疲労の元となります。このアンモニアを分解して解毒するのが、オルニチンサイクルという代謝です。オルニチンを摂取する事で、このとオルニチンサイクルが活性化し、機能が衰えた肝臓にとって強力なサポーターとなります。

有効なサプリメントはたくさんありますので、体調や目的にあったものを選んで、有効に活用しましょう。

ただし、サプリメントを飲んでいるからと言って、生活習慣がそのままでは意味がありません。あるいは、サプリメントを飲んでいるという安心感から、生活習慣を悪化させるケースすら見受けられます。これでは逆効果です。

サプリメントを過信しすぎない事、頼りすぎず、あくまでも効果を上げる手段であって、それだけで目的を達成できる物ではありません。生活習慣の改善が大前提である事を忘れずに、脂肪肝対策を行いましょう。

まとめ

生活習慣病=生活習慣を改善すれば、おのずと病気も改善する。わかっていてもなかなかできませんよね。

そればなぜか?これは、たぶんなのですが、本当はぜんぜん現実が分かっていないから、あるいは分かりたくないので、なかった事にしちゃえ、、、そんな感じではないかと思います。

現実を理解するのは案外難しい。特に自分にとって不利益な現実は受け入れがたい。それは人間の本質のような気がします。でも、それを受け入れる事でしか改善はありません。

健康的な生活を望むなら、先ずは現実を直視し、改善して前へ進みましょう。そこから、新しい脂肪の悩みと無縁な自分が生まれるのかもしれません。

…とか言いながら、私はどうなんだろう。ちょっと、考えてみたいと思います。

>>http://shibou-naizou.com/

内臓脂肪対対策、効果的な方法とは?

中性脂肪を放置したがために、私の体には内臓脂肪がた~んと溜まってしまいました。あの頃、いまよりも随分と痩せていたあの頃に戻りたいけど、戻れないのよね、これが(T_T)

なので、これからなんとかするしかないのですよね。うん、わかっている。頑張ります。

その前に、これからちょっと愚痴ります。

それは我が夫の天然具合。そのせいで私が隠れ肥満になったんだ(T_T)

普段はびしっとスーツ着て、結構ダンディーな我が夫。一見して凄くしっかり者に見えます。しかし、かなりの天然。その天然夫、私が何かを口走るとすぐに行動に出る。しかもそれが延々続くのです。

こんな感じに・・・

私たち夫婦が一緒にテレビ見ています。

私:(ハーゲンダッツのチョコレートバーのCM見て) “私これ大好き“とつぶやく。

夫:そかそか。

私:うん(^_^)

夫:ちょっと出てくる。

私:どこに?

夫:ちょっと、、、(といって外出)

・・・・しばらくして夫帰宅

夫:(嬉しそうな顔で)はいこれ。(ハーゲンダッツのチョコレートバーを私に見せる)

私:ありがとう~~~(^O^)と大喜び・・・

これがイケななった。

次の日、夫帰宅:(またまた嬉しそうな顔で)はいこれ。(ハーゲンダッツのチョコレートバーを私に見せる)

私:(内心ゲゲゲ、でも嬉しいので・・・)ありがとう(^O^)と満面の笑み?

夫:(満足げなほほえみ)

その次の日、夫帰宅:(またまた昨日よりもっと嬉しそうな顔で)はいこれ。(ハーゲンダッツのチョコレートバーを私に見せる)

私:(心の中は南無南無チーン、神様許してください状態ですが)あ、りがとう(ひきつった笑みを無理やりたたえる)

夫:(なにも気づかず、とても満足げなほほえみ)

次の日も、その次の日も、これが続くのです。止めるまで、何度でも。天然な夫は全く気づかないのです、これがもうすでに迷惑なレベルになっている事に。

しかも、止め方がまた難しい。夫本人は、私を喜ばせるためにしている事なので、ストレートに断れば結構傷つき凹むのです。

それはさすがにカワイソウなので、なんだかんだと言い訳して、やっとの思いで止めるのです。

その前に気づけよオイ(`´)!!なんて、絶対に言えません。そんなやり取りが、ハーゲンダッツのアイスバー、マネケンのワッフル、セブンイレブンのわらびもちなどなどで続きました。

嬉しいのですが、これ、太りますよね。当然。

夫はそんな人です。でも、優しくてとっても良い人。ちょっと天然なだけなのです。

はい、私の愚痴はおしまい。

ってことで、蓄積された私の内臓脂肪。肥満の中で悪性の方。これ以上の悪化はマズイデス、本当。内臓脂肪の先には、生活習慣病が待っている。対策を急がねば。

そこで、今日のテーマは効果的な内臓脂肪対策の方法についてです。

内臓脂肪対対策、効果的な方法とは?

内臓脂肪蓄積の原因について

(良い生活習慣と悪い生活習慣)

まずは栄養バランスのとれた食事。次に適度な運動。これが良い生活習慣です。

では、逆に悪い生活習慣とはものなのでしょうか?

カロリー・食塩・糖分・脂肪の過剰摂取などのアンバランスな食生活プラス運動不足。加えて喫煙・飲み過ぎ・ストレスなどなど。これが不健康な生活習慣です。

この生活習慣を続ける事で内臓脂肪が蓄積されます。

(生活環境の変化)

肥満が増加して、メタボリックシンドロームなるものが叫ばれるようになったのが昭和40年代。それ以前にはなかった言葉です。

では、メタボリックシンドロームなどなかった時代の生活背景とはどんなものだったのでしょうか?

昭和30年代までの生活は、移動は徒歩か公共交通機関。家事労働などの日常生活の殆どが手作業。これだけでも相当なカロリー消費だった事でしょう。

しかし現代は、外出はマイカーか公共交通機関。加えて、ほとんどの公共施設内での移動がエスカレーターかエレベーター。買いものすらネットでぽちっとでもなんでも購入できる、徒歩での移動は最低限でも事足りる時代です。

欧米化した食べ物を食し、運動はせず、移動もドア・トゥ・ドア、これでは肥満になるのも当然の事なのです。

合理的で文明的な生活を手に入れた反面、常に不健康な生活にさらされています。

(ストレス社会)

また、これらを維持するために、現代社会はストレス社会となっています。うまくストレスの発散ができないままで、ストレスを蓄積し体調不良につながっています。

このストレスが飲酒や喫煙を誘発し、それらが習慣化する事で問題を悪化させています。

これはもう、悪循環としか言いようがありません。

しかし、だからといって昔の生活に戻る事も出来ません。では、どうやって対策を行えばいいのでしょうか?

効果的な内臓脂肪対策には食事の改善と運動が一番

こうして乱れた生活を余儀なくされている私たちですが、不健康な生活習慣を解消し、健康的な体を取り戻す方法はあります。

(食事の改善)

まず大切なのが、食生活の改善です。規則正しい食事を一日3回きちんと摂る事。摂取カロリーと栄養バランスに気を配りましょう。

(生活にあえて運動を取り入れる)

適度な有酸素運動。時間がなくてわざわざ運動できないといった人の場合は、意図的に歩く距離を伸ばす工夫・歩いた距離や歩数が分かるようにするなどの工夫を行いましょう。普段の通勤通学の時間を有効に使う、休日には散歩や軽いジョギングなどを行ってみるのも良い方法です。

あわせてダンベル運動・スクワットなどの無酸素運動を取り入れ、筋力増強をはかれば更に効果的に脂肪を減少させる事が可能になります。

(禁煙)

喫煙により脂肪が増加する事は医学的に証明されています。この機会に禁煙に努めましょう。

(飲酒は控えめに)

飲酒自体は問題ありませんが、その量は適度に抑えましょう。週1回は休肝日を設けます。2回の休肝日が理想的。

(ストレス発散)

カラオケやスポーツなど好きな事をする・家族や大切な人との会話など、なんでもよいので、自身が発散できたな!!と思える事を見つけてストレス発散に努めましょう。

まとめ

昔の生活習慣は健康的だったというのは、よく分かりました。しかし、これには到底戻れません。

ならば、意図的にそれらの要素を取り入れる事が自分の健康につながるなら、まずはどれか1つからでもいいので、実践して見ましょう。

有酸素運動+無酸素運動で内臓脂肪対策!?

ここのところ、雨が降ったり、仕事に忙殺されたりと、1週間ほどお買いものがてらのウォーキングにすら出ていません。これはマズイ、このままでは運動からフェードアウトとなりかねない。

という事で、せめて室内で運動をと、運動小学校以来の踏み台昇降運動をしてみました。5分ほどでも結構つらかったです。びっくり。あまりのしんどさに5分で終了。後は、ストレッチと室内ウォーキング。10分程度ですが、気晴らしにもなりました。

驚いたのが翌日。ふくらはぎがパンパン。痛くて歩きにくさすら感じる位になっています。たった5分でこの感じ、参りました。でも、これで私の内臓脂肪に効果が上がるのでしょうか?だといいな(*^_^*)

という事で、今回は内臓脂肪対策に行うと効果的な運動についてがテーマです。

有酸素運動+無酸素運動で内臓脂肪を撃退!?

脂肪対策には有酸素運動プラス無酸素運動。この2種類を効果的に取り入れる事が必要となります。

これは、無酸素運動によって筋肉を増やす+有酸素運動によって燃焼させるといった相乗効果を狙っての事です。では、ここでは、有酸素運動・無酸素運動、ぞれぞれの特徴と種類についてご紹介します。

有酸素運動の特徴

(有酸素運動の概要)

有酸素運動は脂肪燃焼の効果が高い事から、ダイエットに有効とされています。

その理由は、体への負荷が軽い運動を行う事で体に酸素をしっかりと取り入れる事が可能になる事のほか、一般的な有酸素運動の殆どは、人間の筋肉が集中している下半身を集中に動かします。このため脂肪燃焼効果が高いとされています。

ただし、有酸素運動により効果的に脂肪燃焼させるには、最低でも20分から30分の比較的長い時間行う・毎日行うといった条件をクリアする必要があります。

設定した目標に届くまで継続して行いましょう。

(種類)

■ウォーキング。健康な人なら、普段よりもやや早めに30分間歩いてみましょう。高齢者の方や体力に自信がない人などは普通のペースでも、ややペースダウンしたとしても大丈夫です。歩いた長さよりも、何分歩いたのかを意識してウォーキングしてみましょう。

実はウォーキングは室内で行っても効果があります。移動しないウォーキング。つまり足踏みです。テレビを見ながら30分間足踏みをするだけでも有酸素運動になっています。少し息が上がる程度の負荷を体にかけながら足踏み=ウォーキングしてみましょう。

■ジョギング。これも代表的な有酸素運動の一つです。早く走る必要はありません。ウォーキングの途中で少しペースを上げて軽くジョギングを取り入れてみる、そんな感じではじめてみるのも良いですね。

ジョギングは、ウォーキングに比べて筋力アップ効果があるのも嬉しい点です。

■階段

普段の移動で階段を使うだけでも効果的。エレベータやエスカレーターの代わりに階段という取り入れ方をお勧めします。

■縄跳び

これも何回飛んだのかではなく、何分とんだのかが重要。子供と競争しながらなどを行えば、遊びと運動の両立が叶います。チャレンジしてみましょう。

■その他

水泳・サイクリング室内でのステッパーなど、その種類は様々です。極端に言えば、体に少し負荷を掛けて酸素を取り入れながら長い時間動く事=有酸素運動となります。この条件にあう動きを実施する事で、取り組みやすく、苦痛にならない運動を生活に取り入れてみましょう。

無酸素運動とは

(概要)

一方、体への負荷が高いのが無酸素運動。無酸素運動には酸素は必要なく、活動エネルギーは体内の糖質のみとなります。

無酸素運動は、毎日行いません。運動を行ったら、3日程度体を休ませます。その間疲れたり、傷んだ筋肉が回復し、同時に筋力がアップしていきます。

(種類)

■立て伏せ

30回を1セットとして、1日3セット行うのが理想的。でも、これを聞くと“絶対無理”なんて声が聞こえて来そうです。

はい、同感。私なんて、1回でも怪しい物です。

その様な場合には、普通の腕立てではなく、膝をついて上半身だけで行う軽いタイプの腕立てをお勧めします。回数は、最初は出来るだけ行い、徐々に回数を増やしていきましょう。

ゆっくりと、あえて体に強い負荷を掛ける事を心がけて行いましょう。

■スクワット

10回を1セットとして、まずは1日1セットから始めましょう。慣れてきたら、1日に2~3セット行います。これも負荷を掛けながら行うのがポイントです。

■その他

短距離走やダンベル運動・マシーントレーニングなど、無酸素運動にもたくさんの種類があります。

有酸素運動ほど気軽なものばかりではありませんが、筋肉を増やす事で有効に脂肪が燃焼されますので、最初は少しキツイかもしれませんので、少しずつ取り組んでみましょう。

まとめ

有酸素運動も無酸素運動も、その気になれば家庭内でできる事がいくつかありました。毎日パソコンに向かっているワタシ。ウォーキングが出来ない日には、隙間時間を使って、無酸素運動+有酸素運動を効果的に取り入れたいと思いました。

内臓脂肪は簡単に落とせるわけない!ここでしっかり適切な方法を学んでいこう