内臓脂肪対対策、効果的な方法とは?

中性脂肪を放置したがために、私の体には内臓脂肪がた~んと溜まってしまいました。あの頃、いまよりも随分と痩せていたあの頃に戻りたいけど、戻れないのよね、これが(T_T)

なので、これからなんとかするしかないのですよね。うん、わかっている。頑張ります。

その前に、これからちょっと愚痴ります。

それは我が夫の天然具合。そのせいで私が隠れ肥満になったんだ(T_T)

普段はびしっとスーツ着て、結構ダンディーな我が夫。一見して凄くしっかり者に見えます。しかし、かなりの天然。その天然夫、私が何かを口走るとすぐに行動に出る。しかもそれが延々続くのです。

こんな感じに・・・

私たち夫婦が一緒にテレビ見ています。

私:(ハーゲンダッツのチョコレートバーのCM見て) “私これ大好き“とつぶやく。

夫:そかそか。

私:うん(^_^)

夫:ちょっと出てくる。

私:どこに?

夫:ちょっと、、、(といって外出)

・・・・しばらくして夫帰宅

夫:(嬉しそうな顔で)はいこれ。(ハーゲンダッツのチョコレートバーを私に見せる)

私:ありがとう~~~(^O^)と大喜び・・・

これがイケななった。

次の日、夫帰宅:(またまた嬉しそうな顔で)はいこれ。(ハーゲンダッツのチョコレートバーを私に見せる)

私:(内心ゲゲゲ、でも嬉しいので・・・)ありがとう(^O^)と満面の笑み?

夫:(満足げなほほえみ)

その次の日、夫帰宅:(またまた昨日よりもっと嬉しそうな顔で)はいこれ。(ハーゲンダッツのチョコレートバーを私に見せる)

私:(心の中は南無南無チーン、神様許してください状態ですが)あ、りがとう(ひきつった笑みを無理やりたたえる)

夫:(なにも気づかず、とても満足げなほほえみ)

次の日も、その次の日も、これが続くのです。止めるまで、何度でも。天然な夫は全く気づかないのです、これがもうすでに迷惑なレベルになっている事に。

しかも、止め方がまた難しい。夫本人は、私を喜ばせるためにしている事なので、ストレートに断れば結構傷つき凹むのです。

それはさすがにカワイソウなので、なんだかんだと言い訳して、やっとの思いで止めるのです。

その前に気づけよオイ(`´)!!なんて、絶対に言えません。そんなやり取りが、ハーゲンダッツのアイスバー、マネケンのワッフル、セブンイレブンのわらびもちなどなどで続きました。

嬉しいのですが、これ、太りますよね。当然。

夫はそんな人です。でも、優しくてとっても良い人。ちょっと天然なだけなのです。

はい、私の愚痴はおしまい。

ってことで、蓄積された私の内臓脂肪。肥満の中で悪性の方。これ以上の悪化はマズイデス、本当。内臓脂肪の先には、生活習慣病が待っている。対策を急がねば。

そこで、今日のテーマは効果的な内臓脂肪対策の方法についてです。

内臓脂肪対対策、効果的な方法とは?

内臓脂肪蓄積の原因について

(良い生活習慣と悪い生活習慣)

まずは栄養バランスのとれた食事。次に適度な運動。これが良い生活習慣です。

では、逆に悪い生活習慣とはものなのでしょうか?

カロリー・食塩・糖分・脂肪の過剰摂取などのアンバランスな食生活プラス運動不足。加えて喫煙・飲み過ぎ・ストレスなどなど。これが不健康な生活習慣です。

この生活習慣を続ける事で内臓脂肪が蓄積されます。

(生活環境の変化)

肥満が増加して、メタボリックシンドロームなるものが叫ばれるようになったのが昭和40年代。それ以前にはなかった言葉です。

では、メタボリックシンドロームなどなかった時代の生活背景とはどんなものだったのでしょうか?

昭和30年代までの生活は、移動は徒歩か公共交通機関。家事労働などの日常生活の殆どが手作業。これだけでも相当なカロリー消費だった事でしょう。

しかし現代は、外出はマイカーか公共交通機関。加えて、ほとんどの公共施設内での移動がエスカレーターかエレベーター。買いものすらネットでぽちっとでもなんでも購入できる、徒歩での移動は最低限でも事足りる時代です。

欧米化した食べ物を食し、運動はせず、移動もドア・トゥ・ドア、これでは肥満になるのも当然の事なのです。

合理的で文明的な生活を手に入れた反面、常に不健康な生活にさらされています。

(ストレス社会)

また、これらを維持するために、現代社会はストレス社会となっています。うまくストレスの発散ができないままで、ストレスを蓄積し体調不良につながっています。

このストレスが飲酒や喫煙を誘発し、それらが習慣化する事で問題を悪化させています。

これはもう、悪循環としか言いようがありません。

しかし、だからといって昔の生活に戻る事も出来ません。では、どうやって対策を行えばいいのでしょうか?

効果的な内臓脂肪対策には食事の改善と運動が一番

こうして乱れた生活を余儀なくされている私たちですが、不健康な生活習慣を解消し、健康的な体を取り戻す方法はあります。

(食事の改善)

まず大切なのが、食生活の改善です。規則正しい食事を一日3回きちんと摂る事。摂取カロリーと栄養バランスに気を配りましょう。

(生活にあえて運動を取り入れる)

適度な有酸素運動。時間がなくてわざわざ運動できないといった人の場合は、意図的に歩く距離を伸ばす工夫・歩いた距離や歩数が分かるようにするなどの工夫を行いましょう。普段の通勤通学の時間を有効に使う、休日には散歩や軽いジョギングなどを行ってみるのも良い方法です。

あわせてダンベル運動・スクワットなどの無酸素運動を取り入れ、筋力増強をはかれば更に効果的に脂肪を減少させる事が可能になります。

(禁煙)

喫煙により脂肪が増加する事は医学的に証明されています。この機会に禁煙に努めましょう。

(飲酒は控えめに)

飲酒自体は問題ありませんが、その量は適度に抑えましょう。週1回は休肝日を設けます。2回の休肝日が理想的。

(ストレス発散)

カラオケやスポーツなど好きな事をする・家族や大切な人との会話など、なんでもよいので、自身が発散できたな!!と思える事を見つけてストレス発散に努めましょう。

まとめ

昔の生活習慣は健康的だったというのは、よく分かりました。しかし、これには到底戻れません。

ならば、意図的にそれらの要素を取り入れる事が自分の健康につながるなら、まずはどれか1つからでもいいので、実践して見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です